永久脱毛の前後には入念なお手入れを沖縄でもしてね

永久脱毛エステは、施術を受ける部位の肌の乾燥がひどかったり、赤みやアザなどがあったりすると沖縄でも受けることができません。
また、永久脱毛当日には日焼け止めや制汗剤のほか、保湿のためのクリームなども塗っていない状態でなければならないため、日頃から肌のうるおいを保つようしっかりとお肌のお手入れをしておく必要があります。

沖縄でもっとも多い日焼けやケガをしやすい作業やスポーツもなるべく避けたほうが良いでしょう。
また、永久脱毛エステはどうしても肌にとっても負担となるので、サロンでよく冷やしてもらい、沈静ローションなどで仕上げてもらった後も、帰宅してから赤みやひりつきが少しでも気になれば冷やしたタオルを当てるなどし、当日は飲酒や入浴で体温を上げることは避けるようにします。
翌日以降は、また入念な保湿を心がけるようにしましょう。

今回は永久脱毛を沖縄で行う場合と銘打ちましたが、これは全国どこの都道県でも同じでやはり施術後の自分で行うクールダウンはとても大事なので永久脱毛をこれからする方は参考にしてください。